リフォームで気になる「騒音」はどう対処すべき?

これで安心!リフォームの騒音対策

>

リフォームがしたい!でも

まずはあいさつに

リフォームをすることが決まったら、まずは近隣住民の方々にあいさつに回りましょう。
リフォーム工事をするうえで大きな音が出てしまうのは仕方がありません。
近隣住民の方には、リフォーム工事を行うことを伝えるとともに、申し訳ないと思っている気持ちがあることを誠意をもってきちんと伝えましょう。
その時に、近隣住民の方に聞けるのであれば、生活サイクルを訪ねてみましょう。
相手の生活サイクルを把握することで、どの時間に迷惑をかけてしまいそうなのかが分かります。
全てに応えられるわけではありませんが、この日だけはできれば静かにしてほしいなどの希望が聞けるかもしれません。
また、リフォーム工事の規模が大きく、長期にわたる場合は、タオルやお茶菓子などを送るのもいいかもしれませんね。

工事の詳細を知ろう

先ほど、リフォームの前に近隣住民の方にあいさつにいこう、と書きましたが、その時に知っておいたほうがいいことがあります。
それは工事の詳細です。
大抵の業者は聞いたらどの期間にどのような工事が行われるかなどの工事の細かいスケジュールを教えてくれます。
リフォーム工事といっても、どの工程もすさまじい音がなるわけではありません。
特にうるさくなってしまう日時を相手に伝えておくだけで、相手も心構えができます。
また、工事の時間帯を生活の妨げにならないような時間に工事が行われるように工事会社に頼んでみましょう。
工事の終了が少し遅れたとしても、日曜日と祝日は工事無しで、午前10時から17時の間に行うのが望ましいと思います。


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる