これで安心!リフォームの騒音対策

リフォームする前に

結婚して、子供を作ったら、次は一戸建て、なんて時代は過去のこと。
最近では家族で広いマンションを買い、そこに住む人も増えてきています。
買うマンションも新しくて広くて高層階にある部屋を選ぶのではなく、少し汚くても安いマンションを買い、リフォームする方法も広がってきています。
この方法はDIYの流行もあり、主流になってきています。
新しい場所で新しい、おしゃれな自分でプロデュースした自分だけの空間。
家は仕事場や学校から疲れて帰ってきた家族がくつろげる場所であり、だんらんが行われる場所であり、何より長い時間を過ごすだけに、できるだけいい場所にしようと誰もが考えます。
どんな家にしようか、想像するだけでわくわくしますよね。
しかし、リフォームと工事がセットのように、工事と切っても切れないのは工事による大きな音。
最近では工事現場でも防音材で工事現場を覆ったり、騒音対策を行っていますが、全部の工事会社が行っているわけではないですし、防音材にも限界があります。
自分の空間を作っている間にお隣からうるさいと文句を言われ、住む前からご近所トラブル、なんてことになったらくつろぐどころか、ご近所さんといつ会うのか、びくびく緊張しながら生活しなければならないことになりかねません。

今回は、リフォームをする人、近所でリフォームが始まった人に分けてどのような対策がとれるかを紹介していきます。
ご近所トラブルを上手く避けて、思い通りの家を手に入れましょう。

リフォームがしたい!でも

最初はリフォームを今からしようとしている人が、リフォームによる騒音で近隣住民との関係が悪化しないためにできることを紹介します。 せっかくリフォームして快適な住まいになったのに、ご近所関係が悪化したために生活しづらい、なんてことにならないようにしっかりと対策をしていきましょう。

隣人住民ができること

次に、近くでリフォームが行われているお宅に住む人が出来ることを紹介します。 工事の音にどうしても我慢できないけれど、今後のことを考えると直接リフォームをしているお宅に文句を言うことができない!そんなときに個々人でできることを知っておきましょう。

大家さん、管理業者がすべきこと

最後は、大家さんやマンション管理会社の方が、運営しているアパートやマンションをリフォームするときに行った方がいいことをお教えします。 マンションの老朽化や、住民の出入りによるリフォームはマンション運営ではつきもの。 きちんと対策をして、より住みよいマンションにしましょう。

おすすめリンク

≫ TOPへもどる